たるみ毛穴が進行して「帯状毛穴」に!

たるみ毛穴が進行して「帯状毛穴」に! 真皮層のコラーゲンやエラスチンといった弾力成分の変性や劣化によってできるたるみ毛穴ですが、 適切なケアをせずに放置すると毛穴同士がつながってシワにような溝ができてしまうことがあります。


この毛穴同士がつながったものを帯状毛穴といいます。


帯状毛穴ができると頬に無数の細かいシワができたような感じになり、ツヤ感もなくなるので見た目の印象がぐっと老けてしまいます。


ただのたるみ毛穴よりもさらに肌老化がすすんでしまった証拠でもあるので黄色信号が灯ってしまったかな?という肌状態といえます。


この段階になるとスキンケアもやらないよりはやったほうがマシですが、現状維持がいいところで、 毛穴の状態を改善しようと思ったら美容外科や美容皮膚科などクリニックに頼らざるを得ないという問題点があります。


恐ろしすぎる帯状毛穴ですが、すべての人にできるというわけではなくて、真皮層のコラーゲンやエラスチンといった弾力成分の変性や劣化に加えて、 皮脂の分泌が多く毛穴が開きやすい肌質だとなりやすいという傾向があるようです。男性やオイリー肌の人は要注意でしょう。

帯状毛穴のクリニックでの治療方法

帯状毛穴のクリニックでの治療方法 帯状毛穴に対してスキンケアができることはあくまで予防です。


真皮層にハリ・弾力を出すような有効成分を配合したもの、抗酸化作用があり活性酸素から弾力繊維を守るもの、細胞の新陳代謝を促してくれるものを選んで使うようにするのが大切です。


スキンケアは即効性があるわけではありませんが根気よく使うことである程度は効果がでてきます。 それから意味がないと叩かれることも多いコラーゲン摂取も長期的に取り続けると肌の弾力アップにつながります。


コラーゲンが効果を信じるかどうかはあなた次第ですが、帯状毛穴を作らせないためにできることはすべてやったほうがいいのではないかと思います。


できてしまった帯状毛穴についてはクリニックで医療の力を借りるほかありません。クリニックによっていろいろな施術方法があるようですが、 「ピーリング」「レーザー」「グリシルグリシン」などを使って行うことが多いです。


ブルドックのように垂れさがってしまった頬を引き上げるとか二重あごを改善するといった本格的なたるみに比べると帯状毛穴は比較的症状としては軽いものなので、 美容治療を利用した仕上がりは概ね満足できるみたいです。とはいっても十数万の出費は覚悟しないといけませんけどね。


頬の毛穴は時間とともに状態は悪くなる一方ですから、ひどくなる前から早め早めに予防することが鉄則ですよ。


頬の毛穴ケアに人気のビタミンC美容液  <Best3>はコチラ!
Copyright © 2014 頬の毛穴(開き・たるみ)の即効ケア用ビタミンC美容液<Best3>· All Rights Reserved·