20代後半からは肌の乾燥とたるみで頬の毛穴が目立つ!

20代後半からは肌の乾燥とたるみで頬の毛穴が目立つ! 30歳も間際になって頬の毛穴が目立ちはじめるという人が一番多いと思いますが、これは真皮層の弾力成分であるコラーゲンやエラスチンといった成分が 変質や劣化を起こして頬全体がたるんできた兆候です。


ようするに肌老化です。


この場合の頬の毛穴は涙型に下に垂れるような形で歪んでいます。「たるみ毛穴」と呼ばれることが多いです。ただ、毛穴の形をよくみても涙型になっていないこともあります。 毛穴は丸いのに目立つという場合は「乾燥毛穴」が考えられます。


これは肌が乾燥してキメが乱れてくると毛穴が落ち込んでしまって目立つようになるというものなんですが、 30歳近くになると、肌の水分保持力も低下しはじめて乾燥してくるので「たるみ毛穴」と「乾燥毛穴」が混在しているケースもあるということなんですね。


いずれにせよ、保湿は基本中の基本ですし、頬の毛穴ケアにとっても例外ではありません。しっかりうるおいを補給したうえで肌を整えてから エイジング作用のある有効成分を加えて毛穴にハリ・弾力を取り戻すというのが「たるみ毛穴」と「乾燥毛穴」の王道ケアといえます。

バカにならない頬の毛穴に影響を及ぼす紫外線

バカにならない頬の毛穴に影響を及ぼす紫外線 頬の毛穴が目立つ原因となる乾燥とたるみですが、この両方に影響するのが紫外線です。シミのイメージが強い紫外線ですが 頬の毛穴にも多大な影響をあたえます。


まず、たるみにかんしては、紫外線のUVAというのが肌の奥の真皮層にダメージを与えます。 紫外線による直接のダメージもありますし、紫外線によって発生する活性酸素がコラーゲンやエラスチンといった弾力成分を劣化・変性させてしまうんですね。


さらに紫外線を浴びると肌のダメージを修復しようとターンオーバーが早まるので未熟な角質層が肌表面にでてきてしまいます。 未熟な角質層はバリア力が弱く、水分保持力もないので肌が乾燥してしまうんですね。


肌老化を促進して頬の毛穴をたるませてしまうだけでなく、肌の乾燥も促進してしまうのが紫外線ですから頬のたるみ毛穴対策にUVケアは必須といえます。


多くの場合、毛穴の悩みというのは皮脂が関係する肌トラブルといえるものですが、30歳前後から気になりだす頬の毛穴というのは、肌トラブルではなく、 肌本来の機能が低下してきたり、皮膚組織が劣化してきたことによる肌老化なので、対策は急務であり、積極的に肌に働きかける成分などを肌に与えていかないといけません。


進行してしまった肌老化を巻き戻すというのはスキンケアではほぼ不可能ですから肌老化の兆候が確認できた時点で、対処するのがベストです。 コラーゲン生成を促して、肌の内側からハリ・弾力を取り戻し、肌老化を促す活性酸素を除去する抗酸化作用をもつビタミンCが役立つはずです。


頬の毛穴ケアに人気のビタミンC美容液はどれ? <Best3>はコチラ!
Copyright © 2014 頬の毛穴(開き・たるみ)の即効ケア用ビタミンC美容液<Best3>· All Rights Reserved·